FC2ブログ

ブレーキのオーバーホール

こんばんは



久しぶりに正気を取り戻した

『くるあん工房』うえはらです




ブレーキのオーバーホールをしました





IMG_9964.jpg





なんだか最近、この作業が多いような気がします

ブレーキが利きっぱなしになる症状を改善するために行う作業なんですが、

利きっぱなしになる主な原因はサビによる腐食です




何か一斉にサビ始める出来事でもあったのかなぁ?



はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



最終話 本性

こんばんは


続きです


カテゴリ欄の『小説』に書き溜めていきますので、
そちらからアクセスいただくと読みやすいと思います。

※この小説はフィクションです。
 実在の人物、団体名とは一切関係ありません。

原作
白鯨百一氏作:本土決戦









「『死ぬまでに、最低三人殺せ』・・・か」



護衛してくれている自衛官の一人が、何かを思い出すかのように呟いた。



「なんですか、それ?」



「凶暴化した日本人の掛け声ですよ。」



中和ガスで正気を取り戻した日本人は、街に転がる死体をみて、恐怖におののいたが、

この虐殺の首謀者が自分たちだとは決して信じなかった。





私はこの三十年、日本人の動物的退化を嘆いてきた。

日本人はゾンビ化したと思い込んでいた。

しかし、実際には退化をしていたのではなく、無気力な「ことなかれ主義」の仮面の下に、

その野蛮な本能を隠してきたのだと思った。






このままズルズル退化していくと思っていが、

どこで追い詰められた本能が爆発するかは、時間ときっかけだけの問題だったのだ。









 記憶を失うことで、凶暴なゾンビに豹変した。

私は日本人が・・・いや、猿から進化した動物が空恐ろしくなった。



悪いことをしないとカネ持ちになれないと言うが、よっぽど野蛮で残酷で欲が深くなければ、文明なんて築けやしない。




 なにはともあれ、九州で中国軍を撃退したのは1281年の元寇以来のことだった。

それ以後、ジパングはとても凶暴で征服には向かないという定説が立っていた。

追い出された宣教師たちも本国に侵略を求めることはしなかった。

むしろ、あの国の統制力を崩すのは不可能だ、と報告しているほどだ。




幕末頃のヨーロッパ諸国も、その定説をひっくり返すことはなかった。

あのアメリカ軍でさえ本土決戦は避け、遂にはMg爆弾投下に踏み切った。





私の祖父は、自分の野蛮な本能を解放することを待ち望んだが、

結局それは叶わず平和と繁栄の時代を「うつ状態」で過ごすことになった。




私たちはもっと早く自分たちの凶暴さに気付くべきであったのかもしれない。





wolf-in-sheeps-clothing-2577813_960_720.jpg





できれば、

その牙を剥く日が来ないことを祈るばかりだ。


おわり。

覚醒

こんばんは


続きです


カテゴリ欄の『小説』に書き溜めていきますので、
そちらからアクセスいただくと読みやすいと思います。

※この小説はフィクションです。
 実在の人物、団体名とは一切関係ありません。

原作
白鯨百一氏作:本土決戦







 この北九州事変が起こってから数週間、親族のいる者だけがやっと九州への移動が許され、

私は兄が暮らしている福岡に向かった。








現地では陸上自衛隊とともに行動しなければならなかった。

私が福岡の街で見た光景は悲惨、残忍極まるものだった。

テレビでは中継できなかったのだ。





spooky-2813134_960_720.jpg





結局この侵略戦争はどんな結末になったのかも、公式な報告は受けていない。


 あちこちに死体が転がり、その死体は腕がもがれ、首が切り裂かれ、

皮が剥がされ、そこにハエがたかっている。まだ死体を片付けるのが追いついていないのだ。







「死ねぇっ!死ねぇっ!三人殺すぞ!三人!」





突然私は誰かに後ろから首を絞められた。

護衛の自衛官たちが、とっさにその暴漢を取り押さえた。

「早く中和ガスを吸わせろっ!まだ残ってるんだ!」




(死ねって叫んだってことは、日本人・・・なのか?)

私は自衛官に訊ねた。


「ええ、日本人です。」

「相当の日本人が・・・殺されたんですよね?」

「約一万二千人がこの戦争で死にました。うち、九千人が中国兵です。街に転がる死体もほとんどが中国兵のものです。」






「・・・どういうことですか?」





「UMガスで日本の一般人が凶暴化したんです。

中国軍が併合宣言の約束を無視して、発砲したのはそのためです。

その凶暴化した日本人に、我々自衛隊は武器を供給することにしました。

そして、なんとかそれに成功したのです。

その後武装化した日本人は中国兵に襲いかかりました。

一致団結の上に、油断していた中国兵をほぼ全員で襲いかかりました。

ほとんど虐殺といっていいと思います。

中国軍はすぐに撤退しましたが、逆に凶暴化した日本人の鎮圧に手を焼きました。

中国政府はすぐにUMガスの中和ガスを我々自衛隊に提供して来ました。

そのガスを撒き続けること一週間、ようやく沈静化してきたんです。」





「もう・・・中国軍はこないんでしょうか?」




「・・・二度と来ないでしょうね。」


「どうして・・・こんなふうに・・・」


「分かりません、、、ただ仮説ですが、UMガスですべての記憶が喪失した。

記憶がないと理性が効きませんから、本能が剥き出しになる。

一部族の外敵に対する反応が、そのまま本能的に出たんでしょうね。」




「最近は虫も殺せない・・・僕ら日本人がですか?」



「確かにこの三十年、日本人は脆弱化してきましたし、

あまり外敵から侵略を受けたことのない民族ですから、おとなしい民族だと思われがちですが、

世界史を振り返った時に他の国は日本人を決しておとなしい平和的な民族とは見ないでしょう?

むしろ、武闘派の民族だと思うんじゃないでしょうか。

欧米も中国も、侵略するのは難しい国だと知っていた。」





「・・・いままで侵略されなかったから、おとなしいというのではなく、実は手ごわいから侵略しなかった・・・」




というのが真実だったのだ




最終話につづく・・・。

第十話 上陸

こんばんは


続きです


カテゴリ欄の『小説』に書き溜めていきますので、
そちらからアクセスいただくと読みやすいと思います。

※この小説はフィクションです。
 実在の人物、団体名とは一切関係ありません。

原作
白鯨百一氏作:本土決戦







そして2040年。




ついに戦争が始まった。


隣国への侵攻というのは戦後なかったわけではない。

1979年ソビエトはアフガニスタンに侵攻し、1990年サダム・フセインはクウェートに侵攻した。

そして、中国は日本の沖縄と九州を自国領土とする「九州併合宣言」をし、その理由、正当性を以下のように述べた。



「すでに日本は治安維持、福祉、生活保障の面から、主権国家の機能を成し得ていない。日本には850万の中国同胞が生活しており、この国の経済を支えている。彼ら同胞の保護及び、日本国民の経済生活の向上にとっても中国共産党傘下に入ることが望ましい。」




 もちろん、アメリカをはじめとする国連理事国は反対決議をしたが、武力でそれを止める意思は示さなかった。

中国のいう通り、いまや骨抜きになった日本人は中国資本に組み入れた方が多くの国にとって有益であり、

これが前例になれば東日本で同じことができる。




しかしなにより彼らを黙らせたのは、中国が今回の侵攻作戦によって日本人を一人たりとも殺害しないと決めたからである。


二十五年前の香港のようなことや、十三年前の台湾のときのような流血戦は起こさない、と宣言したからだ。





中国には秘策があった。





それはUMガスという彼らの虎の子の秘密兵器で、一種の生物兵器である。

人は殺傷しないが、人の脳に作用し、記憶の大部分を喪失させるというものだった。

つまり日本人は絶対に抵抗しないのだから、殺害の必要はないのである。



そして、一度ほとんどの記憶をなくした日本人に、毛沢東風の洗脳教育をすれば、

日本人を労働力として使いやすくすることができる。

その際、中国人移民は指導的な立場に立ち、日本人はその下に置かれる。



もちろん、日本の陸海空の自衛隊も福岡をはじめとする北九州に終結したが、

一度中国軍の上陸を許せばその武力は意味がなかった。

一般人を人質に取られるからだ。

それに、日本の自衛隊装備はかつてのような最先端のものではなく、隊員の指揮も低かった。




UMガスの拡散弾頭の付いたミサイルが合計六発、

福岡に二発、長崎に一発、佐賀に一発、熊本に一発、宮崎に一発着弾したのだ。





gas-4184871_960_720.jpg





「お母さん、、、ねぇ・・・お母さん!」




「あれ・・・この子、、、誰かしら?・・・ここ・・・は?私どこにいるのかしら・・・?」









「おまわりさん!大変ですよ!おまわりさん!」




「・・・おまわりさん?・・・おまわりさんって、いったい何だ?俺はいったい・・・誰なんだ?」











 廃人同様だった。




そのガスを吸った人間は、記憶を失い、迷子の子どものように街をさまよった。

事前にその情報を本国から聞いていた中国人だけが防護マスクをして、武装すると街を練り歩いた。




 こうなると自衛隊は手を出す術がなく、福岡、鹿児島、宮崎から約十万の中国兵上陸を許した。


そして、無防備になった九州の侵略が始まった。

南九州の人間はまだ正気を保っていたが、北上をする中国軍を黙って見ているしかなかった。




なんといっても、終結戦略拠点は福岡だ。




多くの日本国民があきらめと屈辱をもってその光景を「テレビで」眺めていた。




 中国人は一般人を攻撃しないといっていたが、その約束を破り発砲がはじまった。









そして約一週間は北九州で多くの弾丸が撃たれ、血が流れた。




第十一話につづく・・・。

第九話 浸蝕

こんばんは


続きです


カテゴリ欄の『小説』に書き溜めていきますので、
そちらからアクセスいただくと読みやすいと思います。

※この小説はフィクションです。
 実在の人物、団体名とは一切関係ありません。

原作
白鯨百一氏作:本土決戦






中国が日本を属国にしようとしている噂は私が若い時からあったが、

その当時は漫画めいた陰謀論に過ぎなかった。




しかし、2030年代後半からそれは真実めいてきた。

2037年にアメリカ軍が、沖縄にある米軍基地を放棄撤廃したからだ。


かつての経済力のない日本は、アメリカにとって「お荷物」でしかなかった。

日米安保は形式だけのものとなっていた。




アメリカ政府は相変わらず中国と反目していたが、それ自体には何の意味もない。

もう国をコントロールしているのは、政府や政治家ではなく、




世界の資本家たちだったからだ。





tie-690084_960_720.jpg





国という枠は反目していても、資本家同士は互いをビジネスパートナーとして見なしている。

彼らは自分たちが共に利益を上げるためにはどうしたら良いか、その方法論しか考えていないのだ。





もっと簡単にいえば、いかに一般庶民を『気付かれないように奴隷化するか』、

ということについての方法論しか頭にないということだ。




残念ながら、あの手この手で搾取され尽くした結果、




彼らにとって、もう日本はなんの旨みもない

「味のなくなったガム」

でしかなくなってしまった。












反対運動の影響で、普天間基地から辺野古への移転はしばらく引き延ばされたが、

わずか数年で基地はお化け屋敷になった。




普天間基地の跡地には「沖縄ディズニーランド」が建設された。

なぜかそこは、いまどきの日本にしては珍しく、世界の富裕層と中国人観光客のおかげで賑わっている。




これも、アメリカと中国資本連携の賜物だ。






沖縄には多くの中国人が移住してきた。

米軍が在中を放棄撤廃したことで島の経済が何もかも成り立たなくなり、

具体的対策を打ち出せない国も県もこれを

「仕方がない」

として容認していたからだ。







経済的に、もはや沖縄は実質中国領土だった。






第十話につづく・・・。

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR