FC2ブログ

すべては138億年前から始まった

こんばんは



いよいよ明日から新年度が始まりますね

新たな門出に際し、皆様方の更なるご多幸を一足先にお祈り申し上げます



『くるあん工房』うえはらです






さて、

先日車検業務の途中、道端から「採石場」というか「山が切り崩されているトコロ」を見まして






IMG_9121.jpg






この、切り崩された山の断面は、よくよく考えてみますと

138億年前になんらかのかたちで生成された

元祖物質であることに気が付きました




地球自体は約46億年前に誕生したそうですが、

それとて突然「ポンッ」と生まれたワケではありません



いくつもの隕石がぶつかり合い、結合し合って今の形になったワケです




だから、

その隕石一つ一つの構成物質は『宇宙誕生』のその瞬間から存在していたハズのものであり、

その当時の痕跡を何かしら残していると思われます



そう考えると・・・我々人類を構成している細胞になっている素粒子も、

138億年前から存在している粒子であると言えるワケで・・・




凄いことやね












だから、なに?










って言われるとそれまでなんですけども、

新たな何かを創り出したところで、それは宇宙誕生のそのときから

ずっと存在していたモノと法則を利用してできたものであり、

その可能性は138憶年前から厳然と存在していたものなんだなぁ~と




ま、

それだけです(笑)





138億年も経っているのに、人間という生命体を成している素粒子の集合体は、

いまだに「お金」という概念の中で経済活動をし、

「政治」でとりまとめないと統制がとれない知的レベルにあり、

「戦争」によってそのエゴを物理空間に顕在化しています



いつになったら進化するんだろう(汗)




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

『視点をズラす』だけで世界観は変わる

こんばんは



なんだか最近、目がかすむことや手が震えることがある

『くるあん工房』うえはらです




疲れているのかな?






まぁ、いいや(笑)





さて、

ドライブ中にふと気付いたこと




見ているモノは、視神経に映っている段階では逆さまになっているといいますよね


これは、眼球の正門にあたる水晶体が両面凸構造になっているがために、

入力される光が反転してしまうことから起こる物理的な現象です



それを脳が再び逆(元の状態)にひっくり返して認識しているそうです
(どっちが真の世界で、どっちが逆の世界なのかわかりませんが(笑)
 あと、本当にひっくり返して認識しているのか不明ですが・・・)




ま、

それはいいんですけど、




普段我々は地面(地球)にくっついて生活しているため、重力は上から下にはたらいていて、

地面を押し固めていると思っています



だから、



雨は上から下に降ってくるし、持ち上げたものを放すと下に落ちるという表現を一般的に用いています







さて、

もしも仮に、脳が逆さまに認識することをやめたら?




つまり、

水晶体を通り視神経に乗ったままのデータを、そのままのカタチで目の前に映し出したら?




当然、世界が今の逆さまに映るはずですよね




その、逆さまに映った世界では、つまり世の中を逆立ちして見てみると、

「上」に(それまでに見ていた景色でいうところの「下」に)引っ張られている感覚に陥ります



空(そら)が下に見えているにもかかわらず、

上(地上)に引っ張り上げられているのだ!!



単純なことですが、上下の概念を逆さまにしてみるだけで、

我々は宇宙空間において質量あるものに引っ張られているという

宇宙創世以来普遍の法則として存在している事実を容易に、

且つ感覚的に理解することができちゃうのです





逆立ちして地球の大きさを想像するだけで、

『質量』というものが、空間に対していかに莫大な影響を与えているかを体感することが可能なのです






すごいねっ!人間って





普段見慣れた景色(できれば屋外)を、実際に逆立ちして眺めてみましょう





poplars-4080638_960_720.jpg





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

『察する』の領域から、更に一歩前へ

こんばんは



昨夜から鼻水が止まらなくなった

『くるあん工房』うえはらです




今日は3月12日



昨夜、なんの前触れも理由もなく突然、映画『君の名は。』を観たくなった






kiminonawa.jpg
〈出典:bbc.com〉





少し時間の余裕があったから、久しぶりに観てみることに

DVDだけど




観るたびに新たな発見があって、正直驚いた

なんで見落としていたんだろうって




何度観ても感動がある作品って素晴らしいですよね




この作品のラスト辺りに、彗星災害から8年という文字が大型(LED)ディスプレイに映っているシーンがある




奇しくも昨日3月11日は、忘れもしない大災害からちょうど8年が経過した日だった










単なる偶然を、あたかも意味あるふうに錯覚して捉えることは

まだまだ幼さが残っているとして嘲笑の的かもしれないけど、

こういったシンクロニシティを大切に生きていくことこそ

生物史における人類という観点からいえば、学びであり、成長であり、もっと言えば『進化』なんだとも思う





どうして昨日(2011年3月11日からちょうど8年後)突然この映画が観たくなったのか?
イノシシ年




もし

そこに何らかの意味があるとするならば・・・と思い、

DVDを観ながら思ったことをいろいろメモもとってみた

今読み返したら、、、ほとんど意味がわかんない(笑)








いまや記憶をデータ化し、データバンクに預けることが当たり前になった時代。

言ってみれば、そのデータをインプット(インストール)しさえすれば、

人格転移が可能な時代







互いを知る最も有効な手段は「入れ替わる」ことではあるが、

結局のところ、

未来の記憶をもつ人間だけが

現実を変えてゆく力を得る

ということに変わりはなく、

大切なのは純真な心を保てるかどうか、だと思う







作品中で彗星災害後の町が「ひょうたん型」になった意味もなんとなく分かった





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

明日の朝、目が覚めるかな?

こんばんは



今日から12月ですね~

はやいもので、今年も残すところあと1ヶ月



今年のことは今年のうちに

『くるあん工房』うえはらです






この世に意思は存在するのか



つまり、僕たち人間を含めあらゆる生命体に、

はたして本当に「意思」が宿しているのかどうか?

ということです



これは僕が20代半ばの頃にぶつかった難問で、

この答えを導き出すのに丸3年を要した記憶があります




「答え」とはいっても、明確なものがあるワケではなくて、

夢の中でとある人物がこの問題を解くカギとなる理論を教えてくれただけなので、

暫定的な回答を得た、といった方が的確かもしれません




ただ、その理論名を聞いたときに、「あぁ、そうか」と理解し、

一発で「腑に落ちた」のです



その理論というのは不完全性定理



その内容をここに書き始めるとモノスゴ長くなるので割愛しますが、

興味がある方は調べてみてください






で、



僕が感じた「答え」は、

「あると思えばあるし、ないと思えばない」

というもの




苦しい言い訳のような表現ですが、結局は無限パラドックスのようなもので

『ものは考え様』とでもいいましょうか、決定できないということです(笑)




よくよく調べてみると、遥か2,500年前にすでに釈迦がこのことを言っているようで




なんのこたぁない、賢人がさっさと答えてくれてたんですね~





と、

何が言いたいのかってトコが今日のテーマなんですけど、

コールドスリープって流行ってるじゃないですか?




古くは90年代(下手するともっと前から)行われている人体完全保存技術ですが、



海外ではすでに何百人(何百体?)もの数の身体が保存されており、

場合によっては脳だけ保存しているケースもあるようですね




僕たちは普段なにげなく暮らしているなかで、

「あれをしよう」

「こうしよう」

など、さまざまなことを考えたり動かしたりしていますが、

こういった『意思』が前述の回答を参考に、

仮に「この世に存在している」と考えた場合、

コールドスリープ中はどこに行ってるんでしょうかねぇ?




「人体冷凍保存」は、本人死亡後にその身体を冷凍保存しておく技術なので、

この場合は意思は消滅していると考えて差し支えないと思うんです

だから、解凍後も意識が戻ることはないでしょうし、

文字通り「人体」の「長期保存」技術といえるでしょう




だけどコールドスリープは生きている状態で保存を開始するワケですから、

「意思」がある状態からのスタートとなります

これは、冬眠とか睡眠とは違い、心臓も停止した状態つまり酸素が体内を循環しない状態で

生命体を長期的に保存するワケですから、この世に「意思」がある場合

とてつもない苦痛にさいなまれることになるんじゃないかとも思うんですよね




・・・いや、

そう考えた場合、意思は酸素その他栄養素がなくても存在し得るということになり、

『身体』の必要性がなくなっちゃうなぁ・・・

こういう「意識体」だけでの存在をひとは「霊」と呼ぶのかなぁ?

だとすると、『霊=意識』・・・か。






逆に「この世に存在していない」と考えた場合、

スリープから復帰したときにその人間を動かすのは誰なんでしょうねぇ?

これは生まれたばかりの赤ちゃんにも言えることですけどね、

それと同じで万物の法則(神?守護霊?大いなる共同体?)は、

やはりそれすらも凌駕し、制御し、統制しているんでしょうか?





IMG_8871.jpg






謎ですねぇ~、不思議ですねぇ~、悩みますねぇ~






ちなみに 





「あると思えばあるし、ないと思えばない」という答え方について、



「どちらにしても「思って」いるワケだから、

この二つの文章はどちらも「意思」が存在していることを内包している。

故にこの回答自体がパラドックスである。」



っていうような論理的で明晰なご意見はご遠慮ください(笑)

今日の僕のテーマはそこを突き詰めることではなくて、

あくまで「コールドスリープから読み解く意思の存在」ですので・・・





・・・ん?

今日書いてるこの文章自体がすべてパラドックスな気もしてきたぞ・・・



もうよく分かんないや(笑)

酒でも飲んでゆっくり考えよ~





はてさて皆さん今日もお疲れ様でした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

「ヒト」は未だ「他人」を創れていない

こんばんは




ちょっと考え込んでいる

『くるあん工房』うえはらです




今日はまたヘンテコな話になると思うので、

ヘンテコワクチンを打たれてない方はご注意ください


変に感染する恐れがあります(笑)





では始めます











・・・や、

面倒くせっって思ったら即読み飛ばしてくださいねっ
(くどい(笑))

失礼しました




では本当に始めます








『人間』についてです





ご存知の通り、人間は脳からの電気信号で各部の筋肉を動かし、または臓器を活動させて

その生命活動を維持しています





その一端を担っているのが、目、鼻、耳・・・etcといった各種センサー



それらセンサーから入ってくる情報も、これまた電気信号に変換されて各神経回路に乗り、

「意識」というフィルターを通過することができた特有のラインのみが前頭前野に送られ、

それまでに培ってきた「偏見のコレクション(byアインシュタイン)」の処理能力によって『認知』という檻にストックされていきます





もう一端は「心拍」「消化」・・・etcといった各種作業



このラインは前述した「センサー」から『認知』に至るまでのラインとは関係なく

常時はたらき続け、テロメアがなくなるまでそれが続くとされています

「一端」という表現をつかいましたが、実際は「端」ではなく相互に関係しあっています 
(恐怖を感じると鳥肌がたつ、好きな人を見ると心拍数が上がる・・・etc)






万物(何百憶年も前からず~っと)のなかには当然のように存在しているにも拘わらず、

それを『認知』するだけのセンサーを、我々人類が装備していないが為に見過ごしてしまっている「New Channel」が

あるかもしれないコトはさておき、
(それを無理くり物理現象に仕立て上げている組織もありますが・・・)

前述した内容を『人間』として定義したならば、





現状認知されていることだけを電気信号に変換することで

もはや人類は人間を容易に量産できる時代になっていることになります









今、

世界の最先端技術だかなんだかで、「A.I」(設計者依存型仮想世界)が幅をきかせています(いるようです)が

こんなトンデモナイ話を多くの人たちが「人工内臓」や「人工脳」として個人というかたちで認知してしまっているわけですから・・・





技術の進歩は素晴らしいことだと思います

だけど、





『個人の定義』を見直さないかぎり、その設計者の言いなりに動かされる時代が続いちゃうと思うんですよね・・・





こいつぁマズイ







IMG_8875.jpg






だって、

前述通りの定義でいくと、『人間』を『人工的』に『量産』できてしまう時代でるからね~・・・








『個人』は『認知』だけではないということを証明していく必要があると思うんです

人間の存続のために







さぁ、




ほら、面倒くさい話でしょ?(笑)

出してない部分は、いつかの機会に












はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR