FC2ブログ

これで何度目だろう

こんばんは



毎度お馴染み

『くるあん工房』うえはらです





むかしむかし、あるところに

地球というおじいさんと

というおばあさんが仲良く住んでおった





おじいさんは自らの成長のため切磋琢磨し、おばあさんはその補佐をしていました





そんなある日、、、







なんとおじいさんは『ニンゲン』というウィルスに侵されてしもうたそうな



ウィルスは『個』を重んじ、『我』を優先するという、とんでもない『欲の塊』であった




おじいさんの身体はみるみる衰えていってしもうた・・・




水は健康を脅かす液体に変えられ



皮膚はうるおいを失い、また削られ貪られ、息もできないほどに固い甲羅で覆われてしもうた



血液は抜き取られたあげく、燃やされガスとなり先も見えんほどの煙幕をつくられた



またウィルスは、お互いがお互いを監視し合うことで、おじいさんを本当に助けようとする同志を

排除するシステムまで作ってしもうた




ウィルスたちは、なおも互いに争い合い、奪い合い、殺し合っているうちに

おじいさんの身体ごと破壊できる兵器まで創り出してしもうた



さらにいよいよ、

『オラとこが一番だべ!
わっがんねぇヤツだな、オメは!』
いうて、お互いの総力比べを始めよったそうな。




みかねたおばあさんは、いよいよ――――――――





international-space-station-1176518_960_720.jpg





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~



ワケのわからん昔ばなしでした~
スポンサーサイト



投資されたきゃ身を洗え・・・ってか(笑)

こんばんは




新元号発表以来、

どことなぁ~く

『昭和生まれ』が取り残された感に憑依されつつあるように思う

『くるあん工房』うえはらです






これから生まれてくる子どもたちの両親の多くは、

おそらく平成生まれの方が大半を占めることになっていきます
(なんか、日本語が変ですね




そんな子どもたちからみれば、

昭和生まれってのはもう『旧石器時代』みたく感じちゃうのかなぁ?(笑)




まぁ・・・『時の流れ』ですからね、仕方ないですけどね




でも「昭和期」は良かったなぁ~



その後期の部分しか知りませんが、

スマホはおろか携帯電話もポケベルもないですから、

好きな子とお話するにも親の目を盗んで、

固定式の黒電話(ダイヤルをぐるぐる回すタイプのやつ)でドキドキしながらかけてたし、



テレビもいまじゃ考えられないくらいエッチな描写やストーリー、それにアニメなんかもありましたよね

子どもながらに、これまたドキドキしながらこっそり見ていた記憶があります(笑)



ゲームなんかも、いまほど映像技術が進歩してませんから、

雑な感じのグラフィックでしたけど、

であるが故にそれを脳内で実写化する『想像力』はハンパなく鍛えられたと思います





昔の方がよかったなぁ・・・なんて、しみじみ想っちゃうのは歳とってる証拠やね




皆が楽をしようと『合理化』を求め、『無駄を省く技術』を突き詰めて来た結果、

物理法則に支配されない合理的なコンピュータ(電子演算装置:電波込)により、

地球にとって人類そのものが無駄扱いをされ、省かれつつある現代・・・




本当の意味での大局観的視座をもった賢人たちが、

きちんと人類を治めてくれたら幸せだろうなぁ~






や、この考えは他力本願・・・か



自分でなんとかしていかなきゃ、ダメなんだね






人類は、地球を何回か破壊できるほどの爆弾を作り出しちゃって、

それを撃つだ撃たないだと牽制し合い、通貨発行権を得ている世界の数百人の『さじ加減』で

あっちへコロコロ・・・こっちへコロコロ・・・と思うように操られています




それに、

せっかく分岐して、それぞれの差異を設けたはずの生命が、

「それこそが差別だ」と刷り込まれ、

男女対等ではなく、平等として扱われることが正しいかのように洗脳されています

それをいいことに

世界各地(主に先進国)でその文化や伝統が悪しきものとして排除され、

結果、民意の低い、操りやすい国家が大量増殖している状態





地球はいまや不良債権化しているように感じます



こんな地球を誰が引き受けますか?





hands-4087018_960_720.jpg





・・・あっ!!







また車屋さんのブログから逸脱しちゃってる



ちょっと思うトコロがありまして




ここまで辛抱してお読みいただいた方には、心より感謝申し上げます

ありがとうございました




以後できるだけ雑記を書くよう努めま~す






はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

すべては138億年前から始まった

こんばんは



いよいよ明日から新年度が始まりますね

新たな門出に際し、皆様方の更なるご多幸を一足先にお祈り申し上げます



『くるあん工房』うえはらです






さて、

先日車検業務の途中、道端から「採石場」というか「山が切り崩されているトコロ」を見まして






IMG_9121.jpg






この、切り崩された山の断面は、よくよく考えてみますと

138億年前になんらかのかたちで生成された

元祖物質であることに気が付きました




地球自体は約46億年前に誕生したそうですが、

それとて突然「ポンッ」と生まれたワケではありません



いくつもの隕石がぶつかり合い、結合し合って今の形になったワケです




だから、

その隕石一つ一つの構成物質は『宇宙誕生』のその瞬間から存在していたハズのものであり、

その当時の痕跡を何かしら残していると思われます



そう考えると・・・我々人類を構成している細胞になっている素粒子も、

138億年前から存在している粒子であると言えるワケで・・・




凄いことやね












だから、なに?










って言われるとそれまでなんですけども、

新たな何かを創り出したところで、それは宇宙誕生のそのときから

ずっと存在していたモノと法則を利用してできたものであり、

その可能性は138憶年前から厳然と存在していたものなんだなぁ~と




ま、

それだけです(笑)





138億年も経っているのに、人間という生命体を成している素粒子の集合体は、

いまだに「お金」という概念の中で経済活動をし、

「政治」でとりまとめないと統制がとれない知的レベルにあり、

「戦争」によってそのエゴを物理空間に顕在化しています



いつになったら進化するんだろう(汗)




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

『視点をズラす』だけで世界観は変わる

こんばんは



なんだか最近、目がかすむことや手が震えることがある

『くるあん工房』うえはらです




疲れているのかな?






まぁ、いいや(笑)





さて、

ドライブ中にふと気付いたこと




見ているモノは、視神経に映っている段階では逆さまになっているといいますよね


これは、眼球の正門にあたる水晶体が両面凸構造になっているがために、

入力される光が反転してしまうことから起こる物理的な現象です



それを脳が再び逆(元の状態)にひっくり返して認識しているそうです
(どっちが真の世界で、どっちが逆の世界なのかわかりませんが(笑)
 あと、本当にひっくり返して認識しているのか不明ですが・・・)




ま、

それはいいんですけど、




普段我々は地面(地球)にくっついて生活しているため、重力は上から下にはたらいていて、

地面を押し固めていると思っています



だから、



雨は上から下に降ってくるし、持ち上げたものを放すと下に落ちるという表現を一般的に用いています







さて、

もしも仮に、脳が逆さまに認識することをやめたら?




つまり、

水晶体を通り視神経に乗ったままのデータを、そのままのカタチで目の前に映し出したら?




当然、世界が今の逆さまに映るはずですよね




その、逆さまに映った世界では、つまり世の中を逆立ちして見てみると、

「上」に(それまでに見ていた景色でいうところの「下」に)引っ張られている感覚に陥ります



空(そら)が下に見えているにもかかわらず、

上(地上)に引っ張り上げられているのだ!!



単純なことですが、上下の概念を逆さまにしてみるだけで、

我々は宇宙空間において質量あるものに引っ張られているという

宇宙創世以来普遍の法則として存在している事実を容易に、

且つ感覚的に理解することができちゃうのです





逆立ちして地球の大きさを想像するだけで、

『質量』というものが、空間に対していかに莫大な影響を与えているかを体感することが可能なのです






すごいねっ!人間って





普段見慣れた景色(できれば屋外)を、実際に逆立ちして眺めてみましょう





poplars-4080638_960_720.jpg





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

『察する』の領域から、更に一歩前へ

こんばんは



昨夜から鼻水が止まらなくなった

『くるあん工房』うえはらです




今日は3月12日



昨夜、なんの前触れも理由もなく突然、映画『君の名は。』を観たくなった






kiminonawa.jpg
〈出典:bbc.com〉





少し時間の余裕があったから、久しぶりに観てみることに

DVDだけど




観るたびに新たな発見があって、正直驚いた

なんで見落としていたんだろうって




何度観ても感動がある作品って素晴らしいですよね




この作品のラスト辺りに、彗星災害から8年という文字が大型(LED)ディスプレイに映っているシーンがある




奇しくも昨日3月11日は、忘れもしない大災害からちょうど8年が経過した日だった










単なる偶然を、あたかも意味あるふうに錯覚して捉えることは

まだまだ幼さが残っているとして嘲笑の的かもしれないけど、

こういったシンクロニシティを大切に生きていくことこそ

生物史における人類という観点からいえば、学びであり、成長であり、もっと言えば『進化』なんだとも思う





どうして昨日(2011年3月11日からちょうど8年後)突然この映画が観たくなったのか?
イノシシ年




もし

そこに何らかの意味があるとするならば・・・と思い、

DVDを観ながら思ったことをいろいろメモもとってみた

今読み返したら、、、ほとんど意味がわかんない(笑)








いまや記憶をデータ化し、データバンクに預けることが当たり前になった時代。

言ってみれば、そのデータをインプット(インストール)しさえすれば、

人格転移が可能な時代







互いを知る最も有効な手段は「入れ替わる」ことではあるが、

結局のところ、

未来の記憶をもつ人間だけが

現実を変えてゆく力を得る

ということに変わりはなく、

大切なのは純真な心を保てるかどうか、だと思う







作品中で彗星災害後の町が「ひょうたん型」になった意味もなんとなく分かった





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR