FC2ブログ

けっこう真面目な話

こんばんは



今日は3月30日

マフィアの日らしいですよ




ただそれだけです

『くるあん工房』うえはらです




さて、

今日もいつものように検査場へ





IMG_1437.jpg






ただ、今日は車検業務ではなく、変更登録などの諸手続きのために来ました



年度末ということで、場内は人でごった返しており、

書類が出てくるのも余裕の1時間以上待ち




まぁ、予想通りなので、驚くこともありませんでしたけど





逆に気になったことが1つ





皆さん(おそらく、その多くは車屋さん)が提出した書類は、出来上がった物から順番に、

個別に呼ばれるのではなく、ある程度まとめて呼び出されるシステムになっていました



で、

番号によって呼び出された10数人が、待合の椅子から一斉に受け取り窓口に集まるわけですが、



窓口は1つしかないため、どうしても順番待ちになってしまいます





じ~っと、その様子を眺めていたんですけど、不思議なもので誰も声掛けなどすることなく、

10数人が自然と一列に並ぶんですね



後から遅れて来た人も、何やら列のようなものができていることに気が付くと、

誰に聞くでもなく順番に列の最後尾に並んでいくのです





まぁ、ボクも同じ行動をとると思うんですけど、

一見、律儀な態度に見えるこの行動ですが、

もしも違う意図で皆さんが動いていたとするならば、これってとても恐ろしい習性なのかも知れません




よく「日本人は礼儀正しい」とか「割り込みをしない」とか、

道理をわきまえている民族のように語られることがありますが、

もしも、番号で管理されることと、お先にどうぞ精神が慣習化しているだけだとしたら・・・





日本人の脳の非常事態であるようにも思えるのです




だからといって、我欲優先で割り込みをしろ、と言っているわけではありません


ありませんけど、、、

何だろうなぁ、うまく言えないけど、

その行動の内なるトコロには、燃え猛りつつも冷たく鋭利な光輝く理念を持っていてもらいたい



その上で、『優しさ』と『おもてなし』に満ちた、柔らかくて暖かい気遣いができていたら素晴らしいと思うのです




ダメだうまく言えない

まぁ・・・そんなことを感じたので、ちょっと呟いてみました

文章力を磨こう




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



お「むすび」ころり

こんばんは



昨日のアグレッシブな家族のぶつかり稽古でも、

筋肉痛になっていない

『くるあん工房』うえはらです





いよいよ、筋肉痛が2日遅れくらいで発生する『お年頃』になりましたかね




さて、

皆さんは「産霊」という言葉を御存じですか?

読み方は「むすび」あるいは、「むすひ」といいます
(産巣日や産日とも書かれることがあります)



日本では最初の神様として

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)が登場しますが、

その次に現れた2柱、

高皇産霊(たかみむすびのかみ)



神皇産霊(かみむすびのかみ)

に出てくる『産霊』です

古事記、日本書紀それぞれで、表記が異なっています。
ここではそれらを敢えて混同して使用しています


「むす」とは、産むという意味で、物の成り出ずることをいいます

国歌にある、「苔のむすまで~」のソレですね



「ひ」あるいは「び」というのは、

霊の字が一番適しているであろう、と本居宣長も語っているように、

「そういう作用」あるいは「それが宿したもの」といった意味で差し支えないと思います




つまり日本語でいう「むすび」というのは、

産まれ出たものが「意味」を見い出し、次へと渡していく

という連鎖であると言い換えることができます







ちょっと飛躍しすぎたかな(汗)








leaf-1001679_960_720aaa.jpg






僕たちは基本的に、かつて生命だったモノから作られています




あなたの身体は、まぎれもなくあなたが食べたモノからできています

僕が食べたモノで、あなたの脂肪が作られることはありません

あなたの脂肪は、あなたが食べたモノからできているのです





そして、あなたが食べているものは、たとえ化学物質であっても
(すみません、一部を除きますが・・・)

かつて命が宿っていたものです




命は自然にはできません






ある日突然、目の前の消しゴムに命が宿ることはありませんし、

車に命が吹き込まれることもありません




は生命の連鎖の中でしか発生し得ないのです

その連鎖を断ち切って、あるいは横取りして、あなたはそれを体内に取り込んだんです






とまぁ、こんなことはいいんですが、

語り出すとキリがないので、このヘンにして




映画「君の名は。」に出てくる

結びの意味を語るおばあちゃんのセリフなんかを

見返していると、ちょっと気付くことがあって・・・




日本アニメの定番設定、

主人公はいつも元気で前向きで、


でも・・・


どこかチョットおっちょこちょいで(笑)

だけど、憎めないし、放っておけなくて結局

周りに見方がいっぱい付いてくる生き方をしているものがほとんどですが、

この生き方こそが、




むすび





なのかも・・・しれませんね~



な~んて、ね(笑)



はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

鳥居は境界線

こんばんは




左上の奥歯にモノが挟まるようになってきた

『くるあん工房』うえはらです





要:糸ようじですね(笑)





さて、








ふと思い立って、数年前に大ヒットした映画

君の名は。

のDVDを見返してみました




何度観ても、いい映画ですね

感動するっていうか、考えさせられるっていうか



若かりし頃の『情熱』を沸き立たせてくれる良い作品だと思います






と、おまけに。




皆さんのお家の近くにも、必ず1社か2社は神社があると思います

誰を(何を)祀ってあるかは、それぞれでしょうけど、

実はその神様ごとに鳥居の形式が区分されている

ことを御存じですか?




柱が丸だったり、四角だったり、

あるいは上に渡してある木(石)、正式名称でいうと「笠木」と「島木」ですけど、

それが丸だったり、四角だったり

またそれが、真っすぐのモノと反り返っているモノがあったり・・・etc





大別すると、

神明系明神系



ということになるんですけど、

「君の名は。」で登場する宮水神社の鳥居





IMG_0689.jpg
出展:本作DVDの一コマ






何か分かります?

なにげないシーンですが、何やらここにも深いワケがある・・・のかも




ちなみに、

宮崎県にある「宮水神社」のものとは明らかに違います



ま、

ここで描かれている「宮水神社」は「架空のもの」だということなので、

鳥居も独自にデザインされたんだと思いますけど、

なぜこのカタチにしたのか。



ネット上には、いまなおそれらしいネタは挙げられていませんが、

いろいろ調べてみるのも、面白いかもしれませんね~





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

クシナダヒメを救う道

こんばんは



よく降る雨ですね・・・

『くるあん工房』うえはらです





九州を中心に甚大な被害が出ております

お亡くなりになられた方には、心よりご冥福をお祈りいたします。



また、未だ行方不明の方々の無事と、事態のいち早い収束を願うところであります。





ときに





これは一部俗説が入りますが、

日本には八岐大蛇(ヤマタノオロチ)伝説というものがあります

神話ですね



頭が八つ、コケやヒノキの生えた胴体が一つ、尻尾が八つある大蛇に

命を狙われた櫛名田比売(クシナダヒメ)を助けるべく、彼女との結婚を条件に

須佐之男命(スサノヲノミコト)が退治に挑むというお話です

やっつけた後には、尾から剣を発見

これがいわゆる草薙の剣(くさなぎのつるぎ)でして、三種の神器のひとつでもあります

別名は天の叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)




ここで登場する大蛇(オロチ)の、元々の語源というか表記は、

悪露地

水はけの悪い地という意味でした


八つの頭、八つの尻尾とありますが、ここでいう『8』ってのは『たくさん』という意味で、

つまり、

たくさんの川が流れ集まってコケや樹林だらけの湿地帯があり、その下流ではまたたくさんの支流に分岐する地形

というような意味になります




ここでは大雨により多くの命が奪われる事態になっていた、と

そこでスサノオノミコトが悪露地の頭、つまり上流地点のそれぞれに垣(堤防)を作り、

流れを変えることで、窮地を救った、

またそこをお酒で清めた、というお話なんですって




冒頭でも言いましたけど、

俗説ですんで、そんな感じで読んでください





でもね、

国を統治しようとするならば、水の流れには細心の注意をはらうことが肝要であるとする考えは、

誠にごもっともだと思うんです




人類がエラ呼吸できれば問題ないんですけど、そうじゃないもんね




水の流れ、大気の流れに感謝の念を忘れずに





woman-1822646_960_720.jpg





あ、

神話の部分はだいぶ端折って書いておりますので、

ご興味のある方は詳しく調べてみてください





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

着ておきなさい

こんばんは



かつては、昔のことなんてほとんど覚えてなかったけど、

なんだか最近幼少期の頃の記憶が突然蘇るようになった

『くるあん工房』うえはらです





死期が近いのでしょうか





さて、

2月も残りあと1週間

早いですね



3月になれば卒業式シーズンとなりますが、卒業式といえば

ほたるの光

今はそうでもない、か(笑)



今は閉店前のスーパーとかで流れてる方が多いのかもね




あの曲(歌)を聞くと、今日の終わりというか、別れというか、

なんだか切ない気持ちになりますよね




そこで今日は、そんな「蛍の光」の歌詞をひも解いてみようかと

あの歌には何が込められているんでしょう?


【歌詞】

蛍の光 窓の雪
書(ふみ)よむ月日 重ねつつ
いつしか年も すぎの戸を
明けてぞ 今朝は 別れゆく

止まるも行くも 限りとて
かたみに想う 千萬(ちよろず)の
心の端を 一言(ひとこと)に
幸(さき)くとばかり 歌うなり

筑紫(つくし)の極み 陸(むつ)の奥
海山(うみやま)遠く 隔つとも
その眞心(まごころ)は 隔てなく
ひとつに尽くせ 国のため

千島(ちしま)の奥も 沖縄(おきなわ)も
八洲(やしま)の内の 護りなり
至らむ國に 勲(いさを)しく
努めよ我が背 つつがなく


YAMAhokkaido030_TP_V.jpg



解説

ここに記すのは、あくまで僕の勝手な解釈なので、必ずしも作詞家の意図と合致したものではありません。
あくまで参考までにお控えください。




集まった蛍の光や雪の明かりをも頼りにしてまで
一生懸命勉学に励んできた我が友たちよ
いよいよ別れの時がきましたね

故郷に遺る友も卒業して旅立つ友も
互いに交わした永遠の絆を
無事であればとばかりに念じて
この歌の一言に想いを託して伝えます

九州の端から東北の端まで
遠く離れている君たちにおいても
僕たちの心はただ一つ、なんの垣根もありはしない
我が国の未来のために最期は尽くそうではないか

千島の先も沖縄も
我が愛おしき友地なり
この意が行き届かぬことのないように
決して恥じることのないよう強く任を果たします






う~ん・・・



深いなぁ~

卒業という言葉の意味するところの深さが違う気がしますね



いまなお続く洗脳工作の一環で、この歌詞の「3番」と「4番」は端折られることが多いですが、

別に間違ったことを言ってるようには思えませんよね?



アチラの方はよっぽど怖いんでしょうね、日本人が




もう大丈夫ですよ~、お望み通り個人感覚を「右派」「左派」っていう2元論に完全隔絶できてますし、

いまやそれらの対立構造も盤石のものとなりました



与党と野党、企業と労働組合、教師と保護者(PTA?)、右と左、ハトとタカ?

分け方はいろいろとケースバイケースですが、



国会議員も、学者先生も、ジャーナリストもアナリストも、YouTuberも、エリートツィーティストも、

必ずどちらかに偏っちゃって、ド真ん中を突っ走る人間はいなくなってしまいました

(自身の想いを喧伝するにはメディア母体に頼るしかないだけのことなのかもしれないけど・・・)




そう、

作られた三角木馬の頂点を起点に、皆どちらかに転がり落ちていく図式になりました




もう、ここらで手を引いてくれませんかねぇ?

今更あなた達に牙を剥いたり、歯向かったりするような日本人はいませんって



今日のこのブログだって、

読む人がそれぞれ「アイツ(僕)は右だ」、「左だ」って分けてくれますから






安心してください、

履いてますよ

造られた常識を




脱いだら変態だからね(笑)



はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR