FC2ブログ

山開き

こんばんは



歳をとるにつれ、ますます寒がりになっている

『くるあん工房』うえはらです




さて、

今日は地元の霊峰那岐山の山開きが行われました





IMG_1468.jpg





スカッと晴れるといった天気ではありませんでしたが、

心配されていた雨には合わず、

厳粛にとり行われました



会場の目の前には、菜の花が咲き乱れており、

とても綺麗な景色も眺められました





IMG_1467.jpg





晴れた休日は家族でも遊びに来てみようかな




はてさて皆さん今日もお疲れ様でした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



日本語って難しいね

こんばんは



まいにち明日にときめいている

『くるあん工房』うえはらです





さて、

数日前のニュースに、福井県の県議が

「ワクチンは殺人兵器」

と主張する広報誌を配っていた、というものがありましたね




「ワクチンを打てば5年以内に死ぬ」というような表記もあったそうですが、

まぁ・・・現物を見ていないので、事の真意は分かりません




と、同時に、

この記事の科学的根拠についても、ボクは分かりません




ただ、そのニュースには「陰謀論」という言葉が使ってありました



この「陰謀論」のいう言葉は、なんだか最近よく目にしますが・・・、

そもそも「陰謀」とは、「秘かに企む悪いはかりごと」という意味ですんで、

この県議が何か悪いことを企んでいての活動ならば、

適切な使い方だと思います



でも、記事を読む限りでは「呼びかけ」をしているだけであって、

いわば警鐘を鳴らしているだけですから、何かちょっと違うような気がしますね



例えば、

10人の人がいて、意見が8人と2人に別れたとします

すると「2人」の意見の方を「陰謀論」と呼ぶことが多いように思いますが、

必ずしもその2人は、8人の意見に対して悪だくみをしているわけではないと思うんですよね

なかにはそういう人もいるでしょうけど




民主主義の陥りやすい問題点として、「多数意見が正解」で、「少数意見は不正解」というような

『多数決論理』があげられるように思います



かつてはそれで良かったんだと思いますけども、

これだけ情報統制され、且つ慌ただしく生活している世の中だと、

じっくりと自論を練る時間もなければ、材料もないわけで、

結局はテレビやネット情報等に流されてしまい、

それが『多数意見=正解』というふうに固められてしまってる気がするんですよね~




それはもはや、民主主義とは呼べません

まぁ・・・世論を作った人間が結局は勝ち残る、ということから考えれば、

どっちにしろ同じことなのかな




この県議が言っていることが、本当に正しいのかどうかは分かりませんが、

一言で「陰謀論」と語るメディアの方も、、、少しばかり早計なのではないか、と思います





koi-4570328_960_720.jpg






「陰謀論」じゃなくて、「個人的見解」と表現した方が、このことに対して

真剣に調べようと行動する人を多く生めたような気がします



日本語って難しいね




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

卒園おめでとうの会

こんばんは



かかとを地面に付けずに歩くことを心掛けている

『くるあん工房』うえはらです






さて、

今日は幼稚園の「卒園おめでとう会」が開かれました





僕は仕事で参加できませんでしたが、奥様が出席してきました



先日作ったの小道具も活躍したようです




子供からは、





IMG_1399.jpg






メッセージカードをもらったようです




宛名が「おかあさん」しかない事に、少し違和を感じますが、まぁそんなもんでしょう(笑)




もうすぐ1年生

元気にすくすく育ってほしいものであります




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

お掃除

こんばんは



立ったり座ったりが若干おっくうになりつつある

『くるあん工房』うえはらです






さて、





以前のブログにも書いたように記憶してますが、

ここいら地方には「いのこ」という行事がありまして



神道でも仏教でもなく、どことなく道教に由来するような不思議な行事なんですが、

その神様が鎮座されているトコロを地元の子供たちと掃除してきました





IMG_0771.jpg






同じような石がいっぱい祀ってありますが、それがただの石なのか、神様なのか

素人には判別が難しく、、、とりあえず全ての石を大切に扱いました




例年は、この中の石の一つを子供たちが紐で担いで各家を周り、

おまじないをしていくんですが、今年はコロナの関係で中止となりました




ので、まぁ掃除だけ




来年はできるといいなぁ~

はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

すさのおのみこと②

こんばんは



人の死というものは、

必ずしも終わりを意味するものではないと思います

その人の役目を、、、を受け継ぐ者にとっては、

そこから本当の人生が始まりますからね



皆さんは、何かを受け継いで生きてますか?

それとも、なんとなく生きているだけですか?



ちなみに、

今を生きることで精一杯の

『くるあん工房』うえはらです







さて、





神話の続きを語ります



かなり破天荒な不良少年

スサノオノミコトの物語

後編でございます


前回の記事はコチラ








彼の度重なる悪行により、遂にお姉さんであるアマテラスはショックのあまり

洞窟に隠れ込んでしまいました






太陽の神でもあるアマテラスが暗い洞窟で『引きこもり生活』を始めたため、

世界は光を失ってしまいます






途方に暮れた他の神々は、緊急会議を開き、知恵を出し合います

最終的にアマテラスを『引きこもり』から脱却させることになるんですが・・・

ここの部分の話は、スサノオとは関係ないので端折ります

※ここの部分を「天岩屋戸(あめのいわやど)の話」といいます







さて、非行がたたり、国から追い出されたスサノオ





さすがに少し反省をし、精進生活をしますが、、、

すぐに腹が減ったことに我慢ならなくなり、

巷で美味いと有名な料亭に向かいます





料亭の女将の名はオオゲツヒメ



悪行はともかく、日本を作り出したイザナギ・イザナミの直系二男ですからね、

何かと有名で名が通っているもんで、VIP待遇でもてなされることに






何やってても、親が偉いとチヤホヤされるのは、昔も今も同じなんですね






ただここは、

前回の事件への反省経験もあり

少し大人になったスサノオ






こんなに美味しい料理を提供してくれるなんて、

「お礼を言わねば」と、

一般的には常識的行為ですが、、、

彼にとってはガラにもない行動に出てしまいます








これが、次なる悲劇を生むことに












実は

オオゲツヒメの出す御馳走、、、




彼女の排泄物から作られているという事実を目の当たりにしてしまうのでした
(設定がスゴイ話ですよね










「てめぇっ!俺に何ちゅうモン食わせとるんじゃぁぁぁっ!」



batFTHG2460_TP_V4.jpg






と、

その場で斬殺
(彼女の身体からは、数々の穀物が生まれ出てきますが、これが現代の原種穀物となったそうです)








彼はなんとも言えない、後味の悪さを感じつつも

即座に料亭を無銭飲食で出て行きます








なんで、、、こう・・・スマートにいかねぇんだろぉなぁ・・・









何かと上手くいかないのは、

身勝手な行動をとっているからかもしれない

と思い立ったスサノオは、突如『人(神)助け』をすることを決意






そこに都合よく・・・

何かに悲しんで困っている老夫婦を発見
(なんたって神ですからね、しかも直系の。
とにかくツイてるんですよね~、思ったことがすぐに現実化するんですw)






聞くに、






大蛇にさらわれるんだという




しかも明日






娘の名はクシナダヒメ



見るに、超絶美人だったため、





事情は分かった、と。






但し、

助けてやるから娘を俺の嫁にするという、

老夫婦からしてみれば、

相手が大蛇か不良少年かというだけの違いであって、

結局、娘は連れ去らられるのねっていう理不尽な条件を提示されます











『可能性』でいえば、、、




見ず知らずとはいえ、あの直系子孫ですから、、、こちらの方がまだ娘が幸せになれるのでは・・・





ということで、

背に腹は代えられないという想いと、足元を見やがって、という邪念との葛藤の後、

老夫婦はこの要求を受諾するのでした






して、

相手を泥酔させて、その隙にボコすという、、、なんとも言えない戦術ではありますが、

まぁ・・・スサノオは見事・無事に大蛇を退治することに成功するのでした








そこで得た戦利品、

天叢雲剣
(あめのむらくものつるぎ)
【別名:くさなぎのつるぎ】

を、謝礼としてアマテラスに献上することで、








これもまぁ、、、







なんとなく

お姉さんの許しを得たスサノオは、

その後出雲(島根県)に新居を建てて、クシナダヒメと幸せに暮らすのでした











父子家庭に生まれ、

母をせがむも父から虐待を受け、

姉に頼るも疑いの眼差しで軽蔑され、

その姉から挑まれた勝負に勝つことでかろうじて信用を得たスサノオ。



ところが、

やんちゃ心が災いし、結果姉を傷つけることに








彼の幼少期は、

壮絶なものですし、ある意味では被害者(被害神)だったのかもしれませんね・・・





次回は、

ぶっ飛んだ男神シリーズの第3弾



今回のスサノオからみると

6代孫にあたる、


オオクニヌシノミコト

を、お送りします

いつになるかは・・・

分かりませんが







ただ、

スサノオの物語は

オオクニヌシの物語にも

モロに関わってきますので

ここで終わりではありません






はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR