FC2ブログ

哲学アレルギーになりそう

こんばんは



読解力の乏しい

『くるあん工房』うえはらです




約1ヶ月前、誕生日の夜に夢の中で

プラトンという謎の単語を、神的な何かからささやかれたので、

翌朝、目が覚めてから

調べてみると「紀元前の大哲学者」であることが分かりました



これも何かの啓示の類かも知れぬと思い、

買ってました、プラトンの作品





IMG_9688.jpg






その名も『国家』

副題は「正義について」

〈上〉〈下〉巻あって、それぞれ500ページくらいある長編です





書評には「高校レベルの読解力があれば、平易に読める」とあったので、

安心して購入したんですが、

なんのこたぁない

まったくワケわからん



まぁ・・・「まったく」というのは言い過ぎかもしれませんが、

なんなくスラスラと読める本ではなかったですね、

まだ途中までしか読んでないけど





というか、

登場人物の皆が皆『超理屈っぽい』



言い回しが、まわりくどくて、且つねちっこいので、読んでいるうちに

結局、何が言いたいのか付いて行けなくなるんですよね~




オイラにとっちゃ、難解な文章ですが歯を食いしばってでも読み切ってやろうと思います




なんせ、神様からの啓示ですからね(笑)




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



こだわり

こんばんは



足の小指を角にぶつけ、しばらく悶絶していた

『くるあん工房』うえはらです




さて、



とある文章を作成しておりまして





「おこなう」

と書こうとしたときに、




あれっ!?



行うが正しいの?

行なうが正しいの?



という疑問に苛まれまして





question-mark-1722865_960_720.png





調べてみました




結論からいうと、


正しくは行う

ただし、行なうでも間違いではないとのこと




なんじゃそりゃ(笑)





さすが、曖昧な国、日本 

こういう寛容さが大好きです








ちなみに、

オイラはいままで意図的に行なうと書いてました





これは、

「行った」

と書いてあった場合に読み方が二種類に分かれてしまうことから、

それを避けるために(読み手が読みやすくするために)取り組んでいたポリシーに基づくものです




『間違いではない』ということなので、

当ブログでは今後も引き続き「行なう」で統一していきたいと思います



はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

こりゃぁスゴイ!

こんばんは


もう10月ですね~



日が暮れるのも早くなってきました

帰宅時などは、子どもたちの下校と重なることもあります、

安全運転を心掛けましょう

『くるあん工房』うえはらです





さて、

先日参加しました講習(講義?)

逆のものさし講にて購入した本





IMG_9553.jpg






私は宇宙のかけら

柊木匠(ひいらぎたくみ):著



一気に読み切りました

ほんで、

めちゃくちゃ良い内容の本でした





実はかねてより、量子力学や相対性理論をベースに神道や武道で言われていること、

また、世にいう「成功法則」で扱われる「引き寄せの法則」などを、

いつか一つにまとめ上げて『理論』としてブログにアップしようと考えていました





が、


すでにこの本で、そのほとんどを綺麗にまとめ上げられています(笑)





たまげました




ここまで柔らかい口調で、わかりやすくコンパクトにまとめられるなんて凄いなぁ~

とても素晴らしい本だと思います



この本に出会えた奇跡と、その奇跡を生み出してくださったすべての方々に感謝します

もう僕がグダグダとワケの分からないネタをアップし続ける意味がなくなった感じ



僕たちの身体はもとより、いま見えているもの触れているものすべてが、

138億年前に誕生した素粒子からできているという事実




是非一度読んでみてくださいませませ





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

なんぞ『魂』に刻むべし

こんばんは




肩の関節が固くなりつつあることに気が付いた

『くるあん工房』うえはらです




さて、




読書の秋であります


が、


時間管理が下手なのか、なかなか時間がつくれず

本を読むペースが極端に落ちている昨今




そんななか、

いま読みかかっている本がコチラ





IMG_9505.jpg






終戦詔書と日本政治
~義命と時運の相克~
老川祥一:著





もうね、

本の題名からして、意味が分からない



なんだ『義命』って?

なんだ『時運』って?

なんだ『相克』って?(笑)




まぁ、この単語の意味は調べれば分かるんだろうけども、

とりあえず、この本



終戦時の詔書(天皇陛下の公文書)ができた背景をたどってある内容で、

そこから遡ること約10年の、二・二六事件辺りから話が始まります



まだ全然読み進めることができていないんだけど、とにかく難しい





というか、

僕の知識が薄弱すきて、それは誰ですか?っていうような人物が次々出てくるもんですから

いちいち調べないといけない・・・っていう





まぁねぇ・・・



縄文時代からの歴史をみっちり勉強するほどのことはないと思うんだけど、

せめて2~3世代くらい前の歴史は知っておくべきかなぁ~、

なんて思ったんですよ


令和のいまでいうと、約150年前となる明治維新頃から現代までの時代的な流れ






というのも、

日常会話ではついつい、「これからの時代は・・・」とか「最近の流れでいうと・・・」

っていうような歴史的バックアップの薄~い、未来に対して切迫感を抱いたような

話し方をしてしまう傾向があることに気が付きましてね




これじゃぁいかん、と



こんなんじゃ、そよ風にすらなびいてしまうティッシュペーパーのようになってしまう


漢たるもの、なんぞ信念のようなモノを魂に刻まねばなりますまいて





かれこれ、こういう流れがあって、想いがあって、無念もあって現在がある。

っていう時間軸の尺が長~い考え方や捉え方ができたら、

メディアの小手先誘導手法に引っかかることなく、物事の真理というものを

捉えることができるようになるんじゃないかな、と





ってことで勉強中です

ぜんぜん頭に入んないけど(笑)




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

江戸時代からの贈り物

こんばんは



女性の勘にいつもヒヤヒヤさせられている

『くるあん工房』うえはらです





さて、

今日はまた本のご紹介




武道をたしなんでらっしゃる方にとっては、有名な本かもしれませんが、

武道だけでなく人生においても重要な考え方が記されている一冊





IMG_9369.jpg






猫の妙術



元ネタは江戸時代に書かれたもので、この本はその現代語訳版といった感じ





固い文章ではなくて読みやすい小説風の構成で、

非常に分かり易い内容です



ただ、めちゃくちゃ奥が深い






世の中の道理というものを求めて武道の世界に足を踏み入れ

なんだかんだで20年強・・・





あれやこれやと頑張ってきましたが、その答えは漠然としか掴めていませんでした




が、




この本を読み、大きく前進したことを確信しました

というか、答えの片鱗に触れた感じがあります





まさか、武道ではなくからゴールの方向へ導かれるとは(笑)



江戸期にこんな境地にまで達していた人がいたなんて驚きです


いや・・・江戸期だからこそ、なのかもね





『得体の知れない科学』の使い走りになっちゃってる現代人より、

自分自身ときちんと対話していた江戸人の方が人間的には優れていたのかもしれませんね~






武道に興味があるかないかは関係なく、

先にも述べましたが人生全般で役に立つ核心が記されている一冊だと思いますんで

興味があろうがなかろうが、是非一度お読みになるべし





はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR