FC2ブログ

風化させてはいけない問題

こんばんは



今日も暑い一日でした

皆さんお変わりなければ

なによりです

『くるあん工房』うえはらです





さて今日は、

奈義町人権講演会


に参加してきました



昨日に引き続き、

『人権』に関する講演会。


今日のテーマは、

「拉致被害者はなぜ
 帰ってこれないのか」


ということで、

北朝鮮による拉致被害者の一人

増元るみ子さんの実弟である

増元照明さんを講師に迎え、

北朝鮮による拉致の実態と

日本政府による対応の変遷、

現在の実状などをお話いただきました。




IMG_7383.jpg





恥ずかしい話ですが、

僕はこの「拉致問題」に関して

被害者と同じ日本人でありながらも、

どこか「他人事」のような感覚で

捉えていたところがありました。




今回、この題名で案内がきたとき

「これは、拉致問題に対して

いま一度認識を改めるチャンス」

だと思い、反省の意も込めて参加しました。






いまなお続いているという

北朝鮮による拉致被害。

日本国内に潜伏する工作員は

推定3桁以上とも。




数に対して言えば、

どこの国でも諜報活動というのは

大なり小なりあるとは思いますが、

こと日本においては、
(実拉致被害者家族にとっては)

まったくと言っていいほど

被疑者逮捕に至っておらず、

また問題も解決の方向に

進んでいない現状。




この現状をふまえ、

『国家』を『身体』に例えるならば



「いまの日本」は

「免疫が弱い状態」

といえるのではないでしょうか?



F-15やイージス艦を保有するとはいえ

それは「筋力」の話であり、

外からの攻撃に対して

どれだけ防御できるか、

あるいは反撃できるかということに過ぎません。



体内を蝕むものに対しての

抵抗力とはまったく別のものです。



「格闘技はめっぽう強いけど、

よくお腹を壊すし、虚弱体質」

というのでは、

とても『頼もしい』とはいえません。



よく、

「日本の自衛隊は世界最強」

というような言葉を耳にします。

規律に忠実で、指揮系統が

乱れることなく逐次伝達され、

隊員個人の能力も高いとされています。

それはとても誇らしいことだと思うし、

「言われている」だけではなく

事実そうなのかもしれません。



ただ、

母体が免疫不全では

それら能力が100%発揮されることは

まずあり得ないと思うのです。




まずは

「健康な身体」

を、作っていかねばなりません。




不法入国を見逃したり、

国民が国外拉致され

続けているような国家では、

とても「健康」とはいえません。




この「拉致問題」というものに対して

もっと真剣に取り組んでいくべきだと

痛感しました。



被害者全員の早期帰国を願っています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR