FC2ブログ

バリゲートは意外ともろかった

こんばんは



インフルエンザの魔手に侵され、病床につく奥様から

「目に覇気がない」と言われた

『くるあん工房』うえはらです





さて、そんなこんなで皆インフルエンザにかかっている昨今


我が家では「マスク着用」の厳戒令が敷かれています






IMG_7940.jpg





よって、ほぼ一日中マスクを装着しているワケですが・・・

なんだか違和感が・・・



妙に息が苦しくないのです


試しに、鼻の横の部分や、ほっぺの部分など、空気が入ってきそうな箇所を全て手で塞ぎ、

息をしてみると・・・



く・・・苦しい


明らかにマスクという名のフィルターを通過したわずかな空気のみで息をしている感覚



つまり




『マスク』とは名ばかりで、

実際のトコロはこのような場所から





IMG_7940 - 2





じゃんじゃんウィルス混じりの空気を吸っているのでは

あるまいかっ





というか、

マスクを装着したところで、鼻によって発生する吸気圧程度では

抵抗の強いマスク(フィルター部)はほぼ無視され、抵抗の少ないこれら『隙間』からの

吸気がほとんどを占めているのではないか、という冷や汗ものの疑惑に襲われています




鼻の横には、鼻の形状に合うよう形状記憶させるようなモノが付いてますが、

実質・・・特に機能していないのでは・・・




う~ん・・・


どうなんだろう?

本当にマスクの効果があるのか、はたまた気休めやプラシーボなのか



なににしても今のところ『A型』『B型』とも感染することなく過ごしているので、

まぁいいか・・・とはいうものの

実際のトコロどうなんだろう?






インフルエンザウィルスの大きさは、だいたい0.1ミクロンだそうで、

一般的不織布マスクの目の大きさは5ミクロンだそう


くしゃみや咳は水分を含むため、これらによる飛散ウィルスは5ミクロンを超えるとな

だもんで、カットできる、と



ってことは・・・

空気中に浮遊しているウィルスに対しては

なんら効果なし

ということになりますが・・・?



鼻で呼吸している限りは、鼻毛や粘膜によって守られ

体内への侵入を阻止することができる、のかなぁ?



まぁ、なんにしても大切なのはうがい手洗い鼻呼吸ですな、こりゃ





未来に向けて、実に充実した一日でした~
スポンサーサイト



コメント

会社生活時代マスクは通勤時の暖房代わりでしたね~ 寒い朝駅まで歩くときにマスクをつけてました。暖かいんですね~

自遊自足サン

確かにっ(笑)


暖かいですよね~(*^-^*)
二日酔いの朝なんかはキツイですけどね(;´Д`)
非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR