FC2ブログ

点火で 天下を目指す②

こんばんは



今日は非常にの強い一日でした



人生の大切な『何か』もこの風で吹き飛ばされた気がしている

『くるあん工房』うえはらです





さて、

昨日の続きですが




ウチの相棒、

みどりちゃんこと

KAWASAKI KLX125スパークプラグ、並びにプラグコードの交換です





コードの交換に伴い、プラグとの連結部の形状違いに合わせて

スパークプラグには付属のアタッチメントを装着して、

パワーケーブルが接続できるように一手間かけてあげる必要があります





IMG_9245.jpg






画像赤丸部分



別になにも難しいことはありません、締め込むだけです
ただ、締め込み過ぎないよう注意が必要
 工具を使ってギチギチ締めると、プラグが割れる恐れアリ
 適度にググッと締めましょう



準備ができたら、純正品と交換するだけです
こちらも締め込み過ぎないよう注意が必要です
 ワッシャーが着座してから
 30°~40°角度締め




でもって、お次は

プラグコード




純正のコードを途中でカットして、そこからパワーケーブルへとジョイントしてやるオペが必要

純正コードは、コイル側から8~10cmのトコロを切るように指示されていますが、

できるだけパワーケーブル側を長くとりたい、という「こズルい」根性に苛まれてしまい、

どうしようかと、しばらく思案していましたが・・・




ごちゃごちゃ言わず、

えい、やー で

ばっさりカット





IMG_9248a.jpg





ジョイントを挿し込む深さが20~23mmとあったので、

コードには「どこまで挿し込めばいいのか」あらかじめ印を付けておきました
コードにあるピンクの点




ちなみに、

ジョイントには矢印が設けてありまして、





IMG_9247a.jpg





それがパワーケーブル先端側となります






でもって、

梱包品のパワーケーブルは、かなりの長さが用意されているので、

先ほどカットした純正のコードの長さに合わせてカットしてやります





IMG_9249.jpg






配線の取り回しのことも考えて、僕は少し長めにとりました





あとは、それぞれのコード(純正コイル側とパワーケーブル)を

先ほど付けたピンク印のところまでジョイントへと挿し込みます




で、

抜け防止のために付属のインシュロック(タイラップ)で縛り上げて完成です





IMG_9251a.jpg






林道は振動がハンパないため、もしかしたら抜けるかもというリスクを鑑み、

念のためコイル側に押し込んだ状態でフレームにも固定しました



これでまず大丈夫でしょう

山でのトラブルは命にかかわりますからね~、いやホント




では明日いよいよ、最強の点火系と謳われた組み合わせのインプレッションをば






はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR