FC2ブログ

なんぞ『魂』に刻むべし

こんばんは




肩の関節が固くなりつつあることに気が付いた

『くるあん工房』うえはらです




さて、




読書の秋であります


が、


時間管理が下手なのか、なかなか時間がつくれず

本を読むペースが極端に落ちている昨今




そんななか、

いま読みかかっている本がコチラ





IMG_9505.jpg






終戦詔書と日本政治
~義命と時運の相克~
老川祥一:著





もうね、

本の題名からして、意味が分からない



なんだ『義命』って?

なんだ『時運』って?

なんだ『相克』って?(笑)




まぁ、この単語の意味は調べれば分かるんだろうけども、

とりあえず、この本



終戦時の詔書(天皇陛下の公文書)ができた背景をたどってある内容で、

そこから遡ること約10年の、二・二六事件辺りから話が始まります



まだ全然読み進めることができていないんだけど、とにかく難しい





というか、

僕の知識が薄弱すきて、それは誰ですか?っていうような人物が次々出てくるもんですから

いちいち調べないといけない・・・っていう





まぁねぇ・・・



縄文時代からの歴史をみっちり勉強するほどのことはないと思うんだけど、

せめて2~3世代くらい前の歴史は知っておくべきかなぁ~、

なんて思ったんですよ


令和のいまでいうと、約150年前となる明治維新頃から現代までの時代的な流れ






というのも、

日常会話ではついつい、「これからの時代は・・・」とか「最近の流れでいうと・・・」

っていうような歴史的バックアップの薄~い、未来に対して切迫感を抱いたような

話し方をしてしまう傾向があることに気が付きましてね




これじゃぁいかん、と



こんなんじゃ、そよ風にすらなびいてしまうティッシュペーパーのようになってしまう


漢たるもの、なんぞ信念のようなモノを魂に刻まねばなりますまいて





かれこれ、こういう流れがあって、想いがあって、無念もあって現在がある。

っていう時間軸の尺が長~い考え方や捉え方ができたら、

メディアの小手先誘導手法に引っかかることなく、物事の真理というものを

捉えることができるようになるんじゃないかな、と





ってことで勉強中です

ぜんぜん頭に入んないけど(笑)




はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR