FC2ブログ

KKT-30S

こんばんは



気を付けよう

甘いお菓子と

甘い罠



『くるあん工房』うえはらです





さて、




二男の教育上の都合で

竹馬をつくることにしました





IMG_9671.jpg





長男が幼稚園児の時にも

長女が幼稚園児の時にも

それぞれ頑張って作った記憶があります




たぶん、その時の様子もこのブログの過去の記事のどこかにあるんでしょうけど

探すのが面倒なのでスルーしときます




その時は、縄で縛り上げて造ったため、重量がかさんでしまい

上手く作れたとは言い難い出来栄えでしたねぇ、たしか



ということで、

今回は軽量簡素化を開発テーマに製作





名付けて

KKT-30S
るあんの「K」と房の「K」と馬の「T」、
そして三作目を意味する「3」とその初号機ということで「0」
最後は気持ちの問題ですが、スポーツの「S」(笑)





IMG_9672.jpg





最初、

接合部はビスで止めようと思い、いろいろと試してみましたが

この竹の細さで、接合強度を保ちつつ、本体に亀裂の入らないような

加工が困難だったため『番線止め』にて接合




その他、要所となる箇所を補強して、

いざ運転








がっ!!





IMG_9675.jpg






いきなり折れた





メインフレームが裂け、その影響でサブフレームに亀裂が入ったという状況





なるほど、

メインフレームの強度は、もう少し確保しておかないといけないのね~


かといって、

太い竹を使えばいいかといえば、

本体重量の問題と子供の足のサイズ的な問題があるので却下





そもそもオヤジが乗るから壊れたんだけど(笑)






次は、軽さと強度を両立すべく、『節(ふし)を利用した設計にしてみようかな~





ただ、


事故の検証の結果から、本体は折れても「接合部は無傷」という

驚愕の事実が判明しまして



かなり簡易的な結合に見える「番線止め」ですが、

竹、及び角材の芯を通すキッチリとした接合をすれば、

意外と信頼性が高いことがわかりました



これは大きな収穫です



これを上手く利用すれば、サスペンション機能も装備できそうです





自作は『KKT-31S』ということでお会いしましょう

いつになるかなぁ~(笑)






はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR