FC2ブログ

第一話 回顧

こんばんは


突然ですが、

今晩からしばらく小説をアップする

『くるあん工房』うえはらです



よろしければお付き合いください

カテゴリ欄の『小説』に書き溜めていきますので、
そちらからアクセスいただくと読みやすいと思います。



原作
白鯨百一氏作:本土決戦


第一話 回顧



 私の祖父が終戦を迎えたのは、彼がまだ十六歳のときだった。

そのとき少年だった彼にも、日本が劣勢に陥っていることは理解できたが、学生の彼にはまだ動員招集がかからなかった。

米軍が沖縄に上陸したとき、次は自分の番だと信じていた。

そしておそらく、自分たちの決戦の場は本土だと思っていた。

一番多感な思春期に、彼を止めどもない高揚感が包んでいた。

正直なところ勝てるとは思っていなかったし、生き残れるとも思っていなかった。




ただ、

死ぬまでには『最低三人の米兵を殺す』のが自分の義務だと思っていた。

頭の中で戦闘の情景を思い浮かべることは、彼にとってある種の高揚感をもたらす行為だった。




自分が死ぬまで最低三人・・・

三人を殺せ・・・

三人だ・・・





DSCF8478_TP_V.jpg





 しかし広島にMg爆弾が投下されると、あっけなく戦争は終わってしまった。

やっと戦争が終わったと喜ぶものもいたが、、、祖父は肩すかしをくらったような気分になったそうだ。



いずれにせよ、日本人全体を脱力感が襲った。

祖父はその後、日本の復興・経済成長の礎となる世代であり、ほかの日本人同様懸命に働いたが、

戦争で死んでいった上の世代に対する後ろめたさと、十六歳の頃の自分の高揚感を乗り越えることはできなかった。


 高度成長期に、日本人のこころを躍らせたカラーテレビも、日比谷の映画館も、彼にとっては何の慰めにもならなかった。

祖父は無口な男であったが、死に際に孫の私に最後の告白をした。



「最近、うつ病っていう病気があるだろう?

 だとしたら、俺は戦争が終わってから、ずっとうつ病だった・・・。」




・・・第二話につづく。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR