FC2ブログ

第六話 識別

こんばんは


続きです


カテゴリ欄の『小説』に書き溜めていきますので、
そちらからアクセスいただくと読みやすいと思います。

※この小説はフィクションです。
 実在の人物、団体名とは一切関係ありません。

原作
白鯨百一氏作:本土決戦







十九世紀頃から世界は「民主主義」の方向に流れていった。

民主主義とは神や王様ではなく、人間の為に国家がある、というそれだ。

民主主義、つまり人間主義は、三つの流派があるといわれている。



一つは自由人間主義だ。

ミルトン・フリードマンという学者が唱えた「市場原理主義」を口実とする、空想的自由主義だ。

人間が本来もっている権利やその行動は、すべて資本に通ずるとする考え方の総称で、資本主義ともいわれる。

資本主義は人間の自由な欲望に重きをおくことによって、エネルギーを生み出そうとするやり方だ。

日本も一応この自由主義陣営の国だった。



二つ目は社会人間主義。

公共や福祉、人々の平等に重きをおき、人々の欲望とエネルギーを管理する仕組みだ。

ロシア革命以来、多くの共産主義国家が生まれたが、私が生まれる頃にはその多くが崩壊していた。

人間の欲望の管理には限界と矛盾があった。

一つの国や、一人の人間が完全にどちらかを選択することなどは有り得ない。

我々日本にも生活保護や社会保険やら補助金やら、社会主義的な仕組みはたくさんあったし、

また、いくらソビエトに生まれたからといって、好きな結婚相手を選べないわけでもなかった。


あなたが好きな食事をコンビニで買いこみ、好きな映画を自分の部屋でゆっくり楽しみたいなら、

じゅうぶん自由人間主義の素養をもっているといえるし、

同時に、コンビニのレジの行列に割り込む客に腹を立てるなら、

じゅうぶん社会人間主義の資質を持っているともいえるだろう。





さて、三つ目の人間主義の流儀とは、残念ながら・・・

それはご法度、封印された人間主義だ。



つまり、、、進化人間主義だ。



人間の進化に重きをおき、人類を発展させる人間主義だ。

脆弱な動物だった人間は、ただ進化によってのみ、いまの地位を築いた。

これ以上進化できなかったとしても、動物的な退化は人類の破滅を意味する。

したがって、人類はいつも進化を掲げなければならない。

なぜ封印されてしまったかというと、戦前、悪名高きナチスがこの進化人間主義を前面に押し出したからだ。





swastikas-906653_960_720.jpg





進化人間主義は、人の優劣以前に、人種の優劣にまで神経質になった。

「退化したらおしまい」という強迫観念を人々に与えた。

多くの極右思想は、この進化人間主義を基盤としている。

戦後、この進化人間主義の切り口で発言した政治家は少ない。



しいていえば、八十年代サッチャーは自国のイギリス人労働者が

「ゆりかごから墓場政策」でなまけ者になった、と女性らしいヒステリーで喝を入れた。


ケネディは「アメリカが自分たちになにをしてくれるかではなく、自分たちがアメリカになにができるかを考えよう」と演説し、

同じく国民に喝を入れた。


三島由紀夫という作家は、切腹までして日本人の動物的退化を訴えたが、

誰も相手にしなかったし、それは近所迷惑な行為くらいにしか思われなかった。



進化人間主義とか、極右思想といえば大袈裟だが、

もしあなたが太り過ぎないように食事を制限したり、運動をしようなどと思えば、

たまには本を読んで教養を身につけようと思えば、あなたは十分すぎる進化人間主義の素養をもっているといえるだろう。





・・・第七話につづく。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR