FC2ブログ

美しき徒競走

こんばんは




紆余曲折がありましたが、やっと運転免許の更新が完了した

『くるあん工房』うえはらです





さて、




ひろさちや氏の著書のなかに、「ウサギとカメ」にまつわる

面白いエピソードが載っていました



彼がインドに行ったときに、日本にはこんな教育的童話があるんだよ、と

現地の人に語ったときの話です


カメに負けてしまったウサギの問題点はどこにあったのか、

どうすべきだったのか、皆さんも幼稚園の頃に先生に習いましたよね?



ところが、

インドの方の返事は意外なものでした

以下、要約してお伝えします





その場には何人かのインド人がいたのですが、一番年寄りのインド人がこう答えました。

「ウサギは何も悪くない。それはカメが悪い!」

「どうして・・・?」

と私は尋ねました。一生懸命コツコツ頑張ったカメが悪者になる意味が分かりません。

「だって、カメはウサギを追い越していったのだろう?

そのときにカメは『もしもし、ウサギさん。寝てちゃダメですよ。』と声を掛けてやるべきだった。

それが友情というものだろう?カメには友情がないじゃないか。」


私はびっくりしました。さすがインドはお釈迦様の国だ!と思いました。

けれど、いちお私も反論しました。

「あなたが言うことはよくわかる。でも、ウサギとカメはゲームをしていました。

ゲームなのだから、相手が油断していたら、起こしてやる必要はありません。」

「そうか・・・ゲームであれば仕方ないか・・・」


年寄りのインド人は引っ込んでしまいました。

ところが、今度は若いインド人が助太刀に入りました。

「やはり、あなたの考えはおかしい。あの年寄りの方が正しい。」

「それはなぜ?」

「だって、カメには分かるはずがない。」

「何がだい?」

「あなたは『ウサギは昼寝をしていた』という。だけど、もしかすると心筋梗塞で

倒れていたのかもしれない。やはり声を掛けてやるべきだったんだ。」


そして、その若いインド人はこう付け加えました。

「それとも、なにかい。あなたは『コイツは怠けて昼寝をしている』と勝手に決めつけて、

自分が勝つことばかり考えてるようなカメが好きだというのか?

そんな日本人は大嫌いだ!







ここまで



これは自戒の念を込めてのことですが、

忙しさを言い訳に、僕たちはどこか周りが見えなくなってきているのかもしれない。

考えられないくらいの贅沢を手にしていながら、まだ私利私欲に溺れているのかもしれない。




ヨーロッパ諸国の支配から解放してくれた、かつての日本人に対し、

いまなお続く羨望の眼差しと感謝の念、そして期待感や信頼感。


そしてそれを若い世代にまで語り継いでくれているインド。



『日本人とは、人間とは、こうあるべきだ』という、

祖父たちは当たり前のように身に付けていた礼節や作法、心意気を、

僕たちはきちんと背負えているのだろうか。





samurai-4215748_960_720.jpg






どこかでGHQ式の「勝てば官軍」思考に陥ってはいまいか。




より美しく生きた者が生き遺る、

地球にとっての人類とは、そういう存在であるべきだと思う。




な~んて、ね

そんな甘っちょろい考え方じゃ、すぐに潰されちゃうんだろうけどね~



はてさて皆さん今日もお疲れさまでした~

明日もまたジャンジャン楽しんでいきましょう~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR