FC2ブログ

さらば夢の島

こんばんは



『くるあん工房』うえはらです





さて、沖縄生活3日目




いよいよこの時がやってきました

帰宅の日であります



残された時間を

思う存分楽しむのであります





がっ、












ですっ






がいるくらいの、

ですっ



IMG_4130.jpg




晴れ男

力およばず








まぁ、

何を言ってもしょうがないので、

できること楽しむのみ





で、

向かった先は・・・





ででんっ!





IMG_4131.jpg




首里城




雨の首里城ってのは

逆にが濃く見えて

案外いいものですね~





IMG_4132.jpg




これはこれで正解かもしれません



ちょうど開門時間だったようで、

開門と同時に多くの方々が

一斉に入って行きます





IMG_4134.jpg




おいらもそれに続いて、

奉神門をくぐると・・・







ででんっ!




IMG_4135.jpg




正殿であります





大きいですねぇ~






先の大戦で壊された後、

修復される際に

少~し大きく造った、とか



正殿の中は、

ほとんど撮影禁止




ということで







この1枚だけ




IMG_4136.jpg




王の椅子です
(ちなみに、ここは撮影OKでした)



豪華ですね~

一度は座ってみたいものです






はてさて、

首里城を堪能した後は・・・




壺屋やむちん通り




IMG_4140.jpg





壺屋さんが立ち並ぶ

静かな通りです




IMG_4142.jpg



至る所にシーサーがいます



中にはこんな昔ながらの井戸も・・・


IMG_4141.jpg




ポンプ式ですね~

なんだかオシャレですよね




また、

焼き物博物館

なんかもあったりします




IMG_4143.jpg





ただ、今回は

時間が早すぎたようで、

まだOPENしていませんでした







通りを抜けると・・・







IMG_4144.jpg






でかシーサー




『壺屋うふシーサー』というみたいです

水煙をあげたり、時にはしゃべったりして

やむちんの街を見守っているご様子



ちなみに「うふ」とは、

こちらの方言で、

「大きい」という意味らしいです





こんな大きなシーサー

どうやって焼き上げたんでしょう??

スゴイですね







そして、一行が向かったのは・・・




IMG_4162.jpg



旧海軍司令部壕



終戦間近の昭和19年、

日本海軍設営隊によって掘られた

壕です




なんとこの壕は、

すべて手作業

掘られたものだそうで




おまけにここいらの

地盤はとメチャクチャ固いといいますから、

もの凄い労力を要したことが窺えます









では中に入ってみましょう







IMG_4151.jpg




およそ100段の階段を下ると、

そこはまさに

アリの巣

の様相を呈した空間が広がります





IMG_4158.jpg





通路の両脇には溝が掘ってあり、

排水のこともキッチリ考えられています




いたる箇所に、




IMG_4156.jpg




暗号とも落書きとも見える

いろいろな傷があります





この壕には、

医療室、発電室、作戦室など

さまざまな部屋があり、

まさにこの場所

作戦会議、暗号読解、

信号解析、治療と、

さまざまな事が行われていたんだなぁと思うと

なんだか胸が苦しくなりました






上写真の傷だって、

誰かが何らかの意味で描いたワケですもんね

無念だったろうなぁと思います。





こちらは司令官室



IMG_4159.jpg



当壕の司令官であった

大田實 氏の部屋です。

壁には、



大君の

御はたのもとに

死してこそ

人と生まれし

甲斐ぞありけり



とあります。




部屋の外にある通路には、

司令官が残した電文が

掲載されています



IMG_4157.jpg

長いですが、
今この日本で生きる皆様にも
当時の沖縄の想いを垣間見ることで
今後の日本を背負う上での
何かの力になればと思い、
ここに記します。



『昭和二十年六月六日
二十時十六分発

次の電文を海軍次官にお知らせ下さるよう、取り計らってください。
沖縄県民の実情に関しては、県知事より報告されるべきですが、県にはすでに通信する力はなく、三ニ軍司令部もまた通信する力がないと認められますので、私は県知事に頼まれた訳ではありませんが、現状をそのまま見過ごすことができませんので、代わって緊急にお知らせいたします。
沖縄に敵の攻撃が始まって依頼、陸海軍とも防衛のための戦闘にあけくれ、県民に関してはほとんどかえりみる余裕もありませんでした。しかし、私の知っている範囲では、県民は青年も壮年も全部を防衛のためにかりだされ、残った老人、子供、女性のみが、相次ぐ砲爆撃で家や財産を焼かれ、わずかに体一つで、軍の作戦の支障にならない場所の小さな防空壕に避難したり、砲爆撃の下でさまよい、雨風にさらされる貧しい生活に甘んじてきました。
しかも、若い女性は進んで軍に身を捧げ、看護婦、炊事婦はもとより、砲弾運びや切りこみ隊への参加を申し出る者さえもいます。敵がやってくれば、老人や子供は殺され、女性は後方に運び去られて暴行されてしまうからと、親子が生き別れになるのを覚悟で、娘を軍に預ける親もいます。
看護婦にいたっては、軍の移動に際し、衛生兵がすでに出発してしまい、身寄りのない重症者を助けて共にさまよい歩いています。このような行動は一時の感情にかられてのこととは思えません。さらに、軍において作戦の大きな変更があって、遠く離れた住民地区を指定された時、輸送力のない者は、夜中に自給自足で雨の中を黙々と移動しています。
これらをまとめると、陸海軍が沖縄にやってきて以来、県民は最初から最後まで勤労奉仕や物資の節約をしいられ、ご奉公するのだという一念を胸に抱きながら、ついに報われることもなく、この戦闘の最期を迎えてしましました。
沖縄の実情は言葉では形容のしようもありません。一本の木、一本の草さえすべてが焼けてしまい、食べ物も六月一杯をささえるだけということです。
沖縄県民はこのように戦いました。
県民に対して後世特別のご配慮をして下さいますように。』



とあります。

大田司令官はこの後

6月13日に拳銃自決を遂げます。




幕僚室には、

手榴弾によって集団自決した際の

爆片の跡がくっきり残されていました。


が、


あまりに生々しいので

ここでは掲載を避けます




今の日本のありようと、

自らのあり方を

改めて

今一度考えさせられる場所でした。






その他、当時の写真や、


IMG_4148.jpg




戦艦大和のレプリカなんかも

飾ってありました



IMG_4147.jpg





さて、






この頃になると、

すっかり雨もあがり、

次に向かいまするは・・・




あ、

途中、海底トンネルを抜けました



IMG_4163.jpg








ででんっ!





IMG_4164.jpg



福州園




中はとにかく中国っぽい感じ



IMG_4166.jpg



IMG_4168.jpg



IMG_4169.jpg



IMG_4170.jpg





ちなみに、

大勢の観光客がいましたが、

その9割中国の方でした








そしてここでまた国際通りに戻り、

その中にある

市場本通りを練り歩きます




IMG_4172.jpg



中はさながら

東南アジアの出店商店街のような感じ



IMG_4173.jpg




ところ狭しとお店が並び、

色んなものを売っています






と、ここで昼食



今回は

あぐー丼



IMG_4175.jpg




こってりジューシーで、

甘みと旨みが絶妙な一品








お腹を満たした後は、

しばしショッピングタイム





国際通りをぷらぷら歩いていると、、、





んっ!?






IMG_4176.jpg




ポルシェ!?






むむむ・・・






思わず中に入ると・・・






IMG_4177.jpg



男子の心をくすぐる

オブジェがズラリ









シルバーアクセサリのお店でした

どうやら店長さんが

大のポルシェ好きで、

ご自身の愛車を飾っているのだとか






ウチもいつか

エンツォ

飾ってみたいな~(笑)









しばしのショッピングを

終えますと・・・





ついにこの時がやってきました




IMG_4182.jpg



IN THE 那覇空港


そう、

お別れのトキであります




IMG_4183.jpg





夢の国とも

いよいよおさらばのトキが

やって参りました・・・





ときに、この時、

とある男性大物有名芸能人さんが

空港にいらっしゃいました



奥様と二人だけでしたので、

恐らくプライベートだと思います

ので、

写真や会話は避けました

実名もここでは避けますね




でも、

沖縄の最後をかざる上で、

いい思い出になりました





やっぱりツイてる





ちょっと話が変わりますが、


IMG_4186.jpg




空港内には航空自衛隊の

F-15イーグル(??)




戦闘機って直に見ると

カッコいいですね~





やっぱり何にしても、

無駄のないフォルムって

美しいんですね






とか何とか思っているうちに

無情にも、おいらは空へ・・・


IMG_4187.jpg





さらば沖縄




数々の想いと伝説を残し、

おいらは飛び立ったのでありました







・・・いいなぁ、沖縄



や、ホントに

いろんな意味で

いつか住みたいなぁ~




あっ!


そうだっ!





いつか支店を作ろう





『くるあん工房 那覇支店』

いいですねぇ~






まぁ、、、

その場合、

おいらは絶対

社長の座を誰かに譲り、

永年那覇支店長になりますけど

ねっ











とか何とか、

ふざけたことを考えているうちに、




IMG_4189.jpg





着いちゃいました、

伊丹空港 








外に出ると、

とてもじゃないけど

半袖では過ごせないこの気温に

無理やり現実を突きつけられます



IMG_4191.jpg








あぁ・・・




帰ってきてしまったんだなぁ・・・



お金と時間を作って、

また行くぞぉ沖縄








誰といこう??










家族でしょう!









という旅でした

長文の愛読、

ありがとうございました



明日からはまた、

他愛ない雑ネタに戻りますが、

今後ともどうぞごひいきに


昨日より更に幸せな一日でした~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR