FC2ブログ

ぶらり原付の旅~屈辱の挫折編~

こんばんは





マンボウって

プランクトンらしいですよ






『くるあん工房』うえはらです








さぁ本日も、

『あの道行ったらどうなるの!?』

を解決する企画、

『ぶらり原付の旅』です







今回の『ぶらり』は、

ここ奈義町

隣町(鳥取県)の智頭町とを結ぶ

国道53号線にある「黒尾峠」








旧道(旧53号線)







ここは、

Google先生のストリートビューにも

載っていない(入っていない)

正真正銘の『ぶらり小道』です









では







IMG_5101.jpg





国道とはいえ、

使われていないと

荒れるもんですねぇ~





でもって、

頑張ってやってきました、

町境(県境)






IMG_5099.jpg







かつてはここを

多くの人や荷車が通っていたんでしょうね




土砂崩れのせいなのか、

元々このくらいだったのか

定かではありませんが

道が細いですね~

地面は凸凹というか

大きな石まみれです





そのちょいと先には





IMG_5100.jpg







峠の安全祈願でしょうか、

お地蔵さまのようなものがありました






今はもう、

恐らく人の往来がないであろう

この道を、

あと何百年もの間

人知れず見守り続けるんですね、

なんだか不思議な気持ちになります








さぁ、その先






道がだいぶ落ち着いてきた辺りに

突如現れた石碑




IMG_5103.jpg






大日如来

の文字がっ





IMG_5102.jpg







なんじゃらほい?







なぜに「大日如来」なのか?

謎ですね~

各地にもこんな石碑が

点在しているのかなぁ?











さぁ、謎は考えても謎なので

次に進みます








しかしまぁ、アレですね



お尻が痛いですね






「原付スクーター」って、

基本的に立ち上がって運転するふうには

造られていないため、

こういう『道なき道』を進む場合

立って運転すると、

運転者の体重が主に前輪にかかり

後輪荷重が抜ける結果、

更に後ろタイヤが暴れる状況に






かといって

どっしり腰を据えて、

ケツで衝撃を吸収しようとすると

腰やら首の付け根やらが

ビシバシやられます







とんでもない衝撃が

次々と体幹を攻撃してくるのです








というか、

普通に座って運転しているだけだと、

まず吹き飛びます(笑)





一般的な凸凹道と違い、

その緩急が著しく激しい

こういった道の場合、

バイクのシートそのものの上下幅も

振動数も比較にならないくらい

激しいものになります






地面の凹みにタイヤが差し掛かると

まるで無重力にでもなったかのように

お尻がシートから浮きますっ



「すっ・・・」



とバイクが無くなった感じ











と思うやいなや、






次の急激な地面の凸部が

タイヤを襲い、

勢いよく打ち上げられた車体のせいで

まだ宙に浮いているケツを

今度はスマッシュよろしく

シートが上空へと容赦なく

打ち上げるのであります






もう、こうなると

バイクと自分を繋いでいる唯一の接点

『ハンドル』にすべてを委ねるしかありません








もうまるで『ロデオ』状態(笑)









が、

更なる悲劇は、

おいらの原付、

ワイヤー式のブレーキでして。

しかも、タイヤの比較的下の方を

そのワイヤーが通ってるんです







そこに、

倒木かは分かりませんが、

ガンガン接触してくるんです




つまり、

意図せぬタイミングで、

いきなり勝手にブレーキが効いちゃう





最近流行の『自動ブレーキ』みたい(笑)





ケツが下から勢いよく打ち上げられて、

とーん、と身体が前につんのめっている時に

前ブレーキなんかがかかっちゃうと

もう大変 (笑)








ま、

こういうのが『楽しい』んですけどね












でも・・・・

やはり限界を感じました 









なにか・・・

様子が変だなとは思っていましたが、

余りにもバイクが

真っすぐ走らないので

後輪を見てみると・・・






IMG_5107.jpg









タイヤリムから外れとぉるっ







林道に侵入してからは終始、

ハンドル操作と車体の進行方向は

一致していませんでしたので、
(ほぼ常時ドリフト状態)

今のいままで気がつきませんでした







『いつ』逝ってしまわれたのか・・・

その後、どのくらい おいらは

「死者にむち打つ行為」を

続けてしまっていたのか・・・






原付に対し、

非常に残酷なことをしてしまいました









そして、

今回の『ぶらり』はここで終了です

バイク乗り生活17年。

今まで様々な道に出会い、

ハプニング、アクシデントにも

見舞われましたが、

決して

『Uターンしなかった』

ライダーズライフ・・・








こんな山の中では、

もうどうしようもなく・・・







来た道を引き返す

という屈辱の結果に 








過去を振り返らない、

一度選んだ道は最後まで

全力で走り抜ける、

どんだけ不安定でも

楽しみながら乗り切る!


故に


バイクにはバックギヤはない!
(一部重量車種を除く(汗))

ついでに「Uターン」もなぁいっ!






と、自負してきましたが・・・









断念っ!!





今回をもって、

そのセリフも撤回です








悔しいですっ













ふと、

道脇の少し上を見ると・・・






IMG_5106.jpg







そこにもちょうどお地蔵様が・・・












「もう、

 帰りなはれやぁぁ~・・・」




そう言われたような気がします











あぁ、そうですかいな

ではまたリベンジさせて

いただきます





その時はよろしくね、お地蔵様












ただまぁ・・・

また同じくこの原付君で挑むのは

あまりにも『過酷』というか

『無謀』というもの・・・











どうしたものか・・・




いよいよ

「オフロードバイク」

手を出しちゃうかっ!?



でも確かに、

『ぶらり』出かけるも、

ここいらだと地域的にすぐ林道とか

山道に入ってしまうんだよなぁ・・・






でも

ぶらり『原付』の旅

は変えたくないしなぁあ~・・・








あれ?

道交法だと原付は50ccまでだけど

道路運送車両法だと

125ccまで原付だなぁ・・・(ニヤリ)





ふふふ・・・

Coming Soon・・・





昨日より更に幸せな一日でした~
スポンサーサイト



コメント

言いましたねカミングスーーーン


ニヤリ♪



しかしアレですわうえしんさん


スクーターで林道走るのって


シャコタンの車で砂浜を激走するのと一緒でしょ(笑)

むらさんサン

そうなんですよ(;^ω^)

もう、10m走るだけでも一苦労でした(笑)


やはり適材適所、
それ用にはそれ用のマシンが必要なんだと
痛感しました(*^-^*)
非公開コメント

プロフィール

うえしん

Author:うえしん
訪問ありがとうございます☆
小さな町の車屋さんブログです。
日々の出来事をメインにお届けしてます☆

岡山県勝田郡奈義町
中島西344-1
TEL(0868)35 - 2190

営業時間
(基本的に)
9:00~18:00
日曜・祝日は定休
(ご連絡いただければ、
簡単に年中無休へシフトします(笑)
お気軽にご相談ください!)

このブログは
リンクフリーです。
どうぞお気軽に♪

※アダルトサイト
 スパムサイト
 はご遠慮願います。

こんにちは!!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR